• TOP
  • 猟銃免許取得支援企画! 第3回「猟銃を所持する時に必要な物って何?」

2017/11/30

Gunfire

猟銃免許取得支援企画! 第3回「猟銃を所持する時に必要な物って何?」


早くも第3回目の猟銃免許取得企画。

今回は猟銃免許を取る上で必要な物や、クレー射撃に必要な物をご紹介したいと思います。猟銃関連の製品は物が物だけに意外と値段もかかるものも多く、一度に全て買い揃えようとすると10万円近くの金額になってしまったりします。

ただ、物によってはサバイバルゲームに使っている装備をそのまま流用できたりもしますので、無駄な買い物をしないためにも事前に必需品について知っておきましょう。

猟銃免許を取得する上での必需品


まずは猟銃免許を取得し自宅で保管する場合に絶対に必要になる物があります。
 
 
それは「ガンロッカー」「装弾ロッカー」

名前を見ればどういった物かはすぐわかると思いますが、ガンロッカーは猟銃を保管しておくロッカーで装弾ロッカーは実弾(実包)を保管しておくロッカーの事です。

ただ、この2つのロッカーは公安委員会が設けた基準が定められておりロッカーであれば何でも構わないという訳ではありません

ガンロッカーの基準としては「全ての箇所が厚さ1mm以上の鋼板」「内部に猟銃のトリガーに通すチェーン」「上下かんぬき機構」「蝶番を切断されても扉が外れない」などがあります。

普通の事務所にあるようなロッカーではほぼ確実に条件を満たすことはできません。また装弾ロッカーについても似たような条件が定められていますがガンロッカーほど明文化されていないため、購入する場合は銃刀法に適合していると謳われているガンロッカーや装弾ロッカーを購入しましょう。

ちなみにガンロッカーは約35,000円前後装弾ロッカーは15,000円前後が相場となっています。

クレー射撃での必需品


猟銃を手にした時、最初に行うのはクレー射撃だと思います。そこで次はクレー射撃をする場合の必需品についてご紹介していきます。

クレー射撃は公式試合でもない限り“絶対に必要な物”はありません。しかし、後で紹介しますがシューティングベストやイヤーマフなどは、ルールや体を守る上でほぼ必須といっても過言ではない物もあります。

シューティングベスト


クレー射撃を行う上で着用する薄手のベストです。ストックが当たる部分には補強素材が入っていたり背中にゼッケンが貼れるようになっているのもあります。

また実包を大量に入れることができる大き目のポケットも特徴です。価格は10,000円から30,000円前後となっていて、ほぼ必須のアイテムです。

イヤーマフ


耳を守るためのプロテクターです。エアガンとは違い実銃の射撃音は非常に大きいので必須と言っても過言ではありません。

ただ、数百円程度の耳栓で代用することもできます。値段は本当にピンキリで1,000円程度の物もあれば数万円するのもあります。

グローブ


クレー射撃を楽しむだけであれば、個人的にはあってもなくてもどちらでもいいアイテムです。

ただ、手に汗をかきやすい人は使用することをおすすめします。

グローブ自体はサバイバルゲームで使用している物でも問題ありません。

ガンケース


自宅から射撃場まで猟銃を運ぶためのケースです。できれば中に入っている物が猟銃であると分からないものがベストです。エアガンの運搬に使っているケース等でも問題ありません。

装弾ケース

実弾を家から射撃場に持っていく時や射撃場で購入した実弾を一時的に入れておくケースです。特に素材などに指定は無く保冷バックを使っている人もいたりします。

クリーニングキット(メンテナンスキット)


エアガンはメンテナンスの際に砂埃などに悩まされますが、猟銃は火薬を使用しているため火薬クズや銃弾の鉛クズなどに悩まされます

また猟銃は意外と錆びやすく、一度錆びが出てしまうと耐久年数が大幅に短くなってしまうのでエアガン以上にクリーニングは大切です。その際に使用するのがクリーニングキットで銃身の※洗い矢やガンオイル等がセットになっています。お値段は5,000円前後で唯一の必須アイテムともいえるでしょう。

※洗い矢
銃腔(じゅうこう)内を掃除する金属棒。先端に刷毛(はけ)・布などがついている。

まとめ

いかがでしたでしょうか。猟銃を所持するためには意外と多くの物が必要となってきます。

一個一個の値段は手が出せないというほどではないですが、すべて購入しなければならなくなった場合、トータルで考えると次世代電動ガンが買えるぐらいの値段にはなってしまいます。

このあたりが「猟銃はお金がかかる」と言われる理由かもしれませんが、長期間使用できるものなので長い目で考えていただけたらと思います

第0回はコチラから
第1回はコチラから
第2回はコチラから

ボブ・アレン240 Mメッシュシューティングベスト、レッド、M

AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値36dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド 耳栓&収納袋付き ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (レッド)

メカニクス(MECHANIX)オリジナルグローブ COVERT Mサイズ MG-55-009

ガンケースW120サイズ ブラック Wファスナー2本収納【JUEKO】MG-6527A YKKファスナー使用

Zigwin 銃身クリーニングキット ワイヤーブラシ 綿ブラシ ライフルピス 拳銃 散弾銃用 クリーナー ユニバーサルガン

Gunfire

元々はインドア派だったが、体力の衰えを感じはじめたため、体を動かす趣味を探してサバイバルゲーム初参加。それ以降というものサバイバルゲームの魅力と銃の魅力にひきつけられ、今では猟銃免許や狩猟免許まで手を出して本物のショットガンを背負って山でイノシシやシカを追うまでに。サバゲーやアウトドアの魅力を知ってもらうために今日も熱意執筆中。

この記事を友達にシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サバゲーアーカイブの最新情報を
お届けします

関連タグ

東京サバゲーナビ フィールド・定例会検索はこちら
東京サバゲーナビ フィールド・定例会検索はこちら

アクセス数ランキング

  • サバイバルゲームの遊び方
  • サバゲー基本用語集
東京サバゲーナビ フィールド・定例会検索はこちら
サバドル発掘プロジェクト サバゲー女子発掘隊!
  • Follow