• TOP
  • サバゲーマー的映画レビュー  -ゴースト・イン・ザ・シェル(吹き替え版)- (若干のネタばれ注意)

2017/04/21

marodaruma

サバゲーマー的映画レビュー  -ゴースト・イン・ザ・シェル(吹き替え版)- (若干のネタばれ注意)

0266_01
0266_02
ハリウッド版攻殻機動隊「ゴースト・イン・ザ・シェル」(主演女優の名前をとってスカヨハ攻殻とも)が公開されたので、見に行ってきました。

出典:『ゴースト・イン・ザ・シェル』 本予告(パラマウント・ピクチャーズ)

筆者も攻殻は好きで、士郎正宗氏の原作漫画(1巻、2巻、1.5巻)と押井守監督の映画「攻殻機動隊」と「イノセンス」、それに神山健治監督SAC(Stand Alone Complex)シリーズは見たことがあります。(ARISEはちらっと見た程度)
0266_03
0266_04

しっかりと練られた重厚な世界観とデザイン、ミリオタも大満足のかっこいい銃器・装備品、見ていると自分も賢くなったような錯覚におちいる含蓄に富んだストーリーが筆者は大好きで、思春期に出会っちゃったせいもあって色々と影響を受けました。いまでも理想の上司は主人公の草薙素子(通称「少佐」)です。少佐に叱ってほしい。田中敦子ボイスもいいけど坂本真綾ボイスも捨てがたい・・・

いっそ2バージョン、左右同時にステレオでなじってくれ! 頼む!

少々横道にそれましたが、そんな大好きな攻殻シリーズがとうとうハリウッドで実写映画になりました。ならば見なければなるまい。そしてレビューせねばなるまい。
押井版映画やSACシリーズと同じキャストだということで、吹き替え版を見ました。(後述しますが、これが吉とでてかなり楽しめました)

■良かった点

<監督のこだわり>

押井版攻殻やSACシリーズに対するリスペクトがあらゆる部分に感じられ、全体的な雰囲気は押井版攻殻に近いように思います。オマージュシーンもてんこ盛りで、場面によってはカメラアングルからキャラの細かい動きまでそっくりアニメ版と同じシーンも。監督攻殻好きすぎるやろ。
それでいて今までの攻殻のまるっきり焼き直しというわけではないので、飽きずに楽しめました。

<パラレルワールドでの少佐の姿>

少佐役は白人女優のスカーレット・ヨハンソンであり、役名も「草薙素子」ではありませんが、これはこれで「あり」かなと感じました。草薙素子ではない理由も作中で説明されていますし、個人的には「なるほどそういうことかあ!」と手を打つような理由でした。攻殻は漫画、アニメでそれぞれ設定や世界観、キャラの性格も違う部分が多いシリーズですし、本映画の少佐も「パラレルワールドでの少佐の姿」として受け入れられました。
全身義体の戦闘用サイボーグだからか、戦闘以外の日常生活ではどことなく動きがぎこちない点が萌えポイント。

<9課キャラクターの再現度>

少佐以外の9課キャラも概ね彼ららしさが出ていたと思います。特にバトーは個人的に「そのままやん!」と感動しました。北野武演じる荒巻課長も迫力がありました。あとトグサ君が地味にかっこいい。

<ミリタリー・特殊部隊描写の気合い>

ミリタリー・特殊部隊描写も気合が入っており、敵拠点への突入、制圧シーンがあったり、登場人物が身に着けている装備や銃器も架空ながらしっかり考証されていたりと見ごたえがありました。こちらの予告映像でちらっと映っている9課のベストが欲しい!

出典:『ゴースト・イン・ザ・シェル』 ビッグゲームスポット(パラマウント・ピクチャーズ)

<アニメと同じ吹き替え版のキャスト>

吹き替えはアニメと同じ声優さんのため、違和感は全くありませんでした。少佐とバトーさんの掛け合いなどはもうアニメそのままで感動しましたね。攻殻ファンの方はぜひ吹き替え版で見ることをおすすめします。

■不満な点

電脳戦シーンがほとんどありませんでした。電脳ハックを受けるシーンはいくつかありましたが、なんというか、少佐は世界最強クラスのウィザード級ハッカーという設定がありますし、バトーもイノセンスの劇中で「俺は情報戦が得意なんだ」とのたまうくらいにはハッキングスキルがあるのですから、もっとそれを活かして敵の裏をかくシーンがあったほうがより攻殻らしさが出たのではないかと思います。

少佐、バトー、荒巻課長以外の9課メンバーの出番ももっと見たかったですね。サイトーさんなんてすごくかっこよかったのに・・・
それぞれ特定の分野のスペシャリストな面があるのが9課の魅力だと思っているので、元刑事の経験を活かして足で情報収集するトグサくんとか、決定的な情報を拾ってくるイシカワさんを見てみたかったですね。

■総評

いままでの攻殻シリーズへの愛やリスペクトがふんだんに盛り込まれ、なおかつ攻殻を知らない人にもわかりやすくアレンジされたSFサスペンスに仕上がっていました。アニメや漫画の攻殻と比べるとちょっと違うな、と思う部分もありますが、パラレルワールドとして、「あったかもしれない、もう一つの少佐と公安9課の物語」として楽しめる作品だと思います。攻殻ファンなら見ても損なし!

■おまけ

0266_05
劇場でグッズとしてワッペンが売られていたので買いました。針で止めるタイプなのでパッチとしては使えませんが、装備のアクセントにいいかも。

攻殻機動隊(1) (ヤングマガジンコミックス)
攻殻機動隊(2) (ヤングマガジンコミックス)
攻殻機動隊(1.5) (ヤングマガジンコミックス)
GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 [Blu-ray]
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society [Blu-ray]
イノセンス アブソリュート・エディション [Blu-ray]

marodaruma

学生時代、FPSゲームをきっかけにミリタリーに興味を持ち、サバイバルゲームの世界にはまりだす。
エアガンの内部・外装カスタム、装備品収集など順調にサバゲ道をエンジョイ中。
自作PC、電子工作・プログラミングにも若干の知識あり。

この記事を友達にシェアしよう!

0266_00

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サバゲーアーカイブの最新情報を
お届けします

関連タグ

東京サバゲーナビ フィールド・定例会検索はこちら
東京サバゲーナビ フィールド・定例会検索はこちら

アクセス数ランキング

  • サバイバルゲームの遊び方
  • サバゲー基本用語集
東京サバゲーナビ フィールド・定例会検索はこちら
  • Follow