• TOP
  • タクティカルデニム リメイク大作戦

2017/03/23

エンドケイプ

タクティカルデニム リメイク大作戦

Before
0235_01
このどこにでもあるようなジーパンが、
0235_02
綿密な打ち合わせにより、

After
0235_03
0235_04

ドンッ!!

タクティカルデニムにリメイク完了。
どうだこのデニムベースに機能美を追及した隙のないデザイン。
コヨーテ色のナイロン部分との生地風合いのギャップが最高だ。

0235_05
作っていただいたのはLVRの長谷川さん。
自分の好きなデザインと配色によるオーダー可能で、細かいところまで相談にのってもらえるから世界でひとつだけのタクティカルデニムが出来上がってしまう。

0235_06
LVRタクティカルデニムを知ったきっかけはエアガンパーツメーカー”laylax“の野村さんと長谷さんのイベント時でのこのお写真。
なんだこれは!?」って感じで、初めて見た時ちょっとした衝撃を覚えた。
これこそ追い求めていた姿の理想形ではないかとビビッときてしまい興奮気味に長谷川さんにTwitter経由で連絡してしまったのが始まりだ。

0235_07
そんな長谷川さんの工房にはlaylaxによる4DプリントLVRスペシャルも。
やはりデニム柄。いかす、そして4Dプリント無茶苦茶美しい。

0235_08
さて、このタクティカルデニム、ニーパッドは通常のコンバットパンツ同様に脱着仕様だから、外せば私服でも全然着回せる。

0235_09
迷彩柄だとしつこく感じるミリタリーアイテムも、ベースがデニムだから普段着に合わせやすい。
日常でもミリタリー色を少し出したい、でも出し過ぎるのはNG、そんなワガママにも応えてくれるのがタクティカルデニムだ。
近所にある家系の店に某ラーメン評論家がTV取材で来た時に「鬼のバランス感覚」という評価コメントを残したのだが、まさにこのタクティカルデニムこそ「鬼のバランス感覚」だ。
ミリタリーのガチ感とアパレルのデザイン感が絶妙な塩梅である。

0235_10
そして当然ゲームではバリバリ前線仕様で穿けてしまう。
市街地戦にも最適だし、PMC(民間軍事会社)的装備にもしっくりくる。

0235_11
左右にはモールを配置しているからレッグパネルを装着しなくてもゲーム時はそのままフル活用できる。以前記事にしたユニバーサルピストルホルスターがいい感じにフィットする。

これひとつで万能ユニバーサルピストルホルスター

0235_12
片側のモールパネルは中身がピストルマガジンサイズに小分けされている隠しポケットに。マガジンだけではなく、スマホも夢も入る
0235_13
普段使いもしたいし、ゲームでの泥はねを気にする場合はレインスパッツを合わせてみても防御力高めでカッコいいかもしれない。
さっそく僕も次回のサバゲーでタクティカルデニムデビューだ。

LVRさん最高のリメイク本当にありがとうございました。
今回、僕は自分のジーパン持ち込みだったが、もちろんデニム込みのオーダーもOK。

タクティカルデニムのオーダー窓口はこちらの3か所から。
LVR https://lvr.themedia.jp/
スケルコム http://sukeru.net
FIRST http://www.first-jp.com/

自分の”戦術“に合わせたオリジナルのデニムを是非どうぞ。

文/写真:エンドケイプ

ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない3期OP『Great Days』等の作詞家・クリエイター
TV出演「笑っていいとも」「めざましテレビ」「モーニングバード!」「スッキリ!!」「Nスタ」「月曜から夜ふかし」他多数
Twitter:https://twitter.com/endcape
Blog:http://lineblog.me/endcape/

この記事を友達にシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サバゲーアーカイブの最新情報を
お届けします

関連タグ

東京サバゲーナビ フィールド・定例会検索はこちら
東京サバゲーナビ フィールド・定例会検索はこちら

アクセス数ランキング

  • サバイバルゲームの遊び方
  • サバゲー基本用語集
東京サバゲーナビ フィールド・定例会検索はこちら
サバドル発掘プロジェクト サバゲー女子発掘隊!
  • Follow