• TOP
  • ジャンク修理チャレンジ!『2挺目 東京マルイGLOCK18C』Part.2

2017/12/6

クルメノ

ジャンク修理チャレンジ!『2挺目 東京マルイGLOCK18C』Part.2

前回、ジャンク品として手に入れたGLOCK18Cを分解し、現状のチェックを行いました。今回はチェック結果を踏まえて修理・カスタム計画を立てたいと思います。

前回記事:ジャンク修理チャレンジ!『2挺目 東京マルイGLOCK18C』Part.1

パーツ洗浄


前回の現状チェックではメカボックス内のパーツをざっと確認しただけでしたので、まずはこれらを洗浄します。プラスチックやゴムにも使えるパーツクリーナーでまとめて洗浄!




ん、綺麗! そしてやはりメカボックス内のパーツに破損はなく、目立った摩耗も見当たりませんでした。ありがとうございます。助かります。(涙目)

チャンバー内も確認しましたが、インナーバレルの根本に汚れがこびりついている程度で、バレル・チャンバーパッキンともにそのまま使えそうです。

修理計画

チェック結果を踏まえて考えた修理項目&交換・追加パーツは以下の通りです。

【修理項目】

給弾不良の改善

 

【交換パーツ】 

○スプリング
○ピストンヘッド
○バッテリーコネクター(ミニ2Pコネクタ)
●:購入 ○:手持ちパーツ流用予定

 

【追加パーツ】 

●SBD
○FET(自作)
●配線引き直し
●:購入 ○:手持ちパーツ流用予定

 
状態の良さそうなジャンク品を選んだだけあって、今回は交換パーツの数が前回のMP5Kとは大違いです。毎回これくらいのパーツ交換で済めば助かるのですが……。
しかしパーツ交換が少なく済んだとしても、今回は電動ハンドガンの限られた内部スペースを使ってリポバッテリー化とFETの装着を行わなくてはなりません。(勝手な使命感)
そして当たり前ですが、給弾不良問題もクリアしなくてはなりません。費用面よりも、技術面で不安になってきました……。
東京マルイGLOCK18Cは初めて触るのですが、果たしてうまくいくのでしょうか。
今回はスムーズに終わらせたいそしてできればお安く済ませたい

続く。

ジャンク修理チャレンジシリーズはこちらから

クルメノ

主に福岡・佐賀・大分で活動する猫好きサバゲーマー。サバゲーオークションあるある「ジャンク品はカスタム心をくすぐりがち。値段高騰しがち。」
Blog⇒http://kurumeno.blog.jp/ Twitter⇒https://twitter.com/Nog_snz

この記事を友達にシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サバゲーアーカイブの最新情報を
お届けします

関連タグ

東京サバゲーナビ フィールド・定例会検索はこちら
東京サバゲーナビ フィールド・定例会検索はこちら

アクセス数ランキング

  • サバイバルゲームの遊び方
  • サバゲー基本用語集
東京サバゲーナビ フィールド・定例会検索はこちら
サバドル発掘プロジェクト サバゲー女子発掘隊!
  • Follow